透析

    リオナとピートルの違いや特徴などまとめてみた!

    どうもすずめです。

    今回はリオナとピートルについて掘り下げていこうと思います。

    なぜこの2つの薬剤かと言うとどちらも鉄含有のリン吸着剤だからです。どちらも鉄を含有しているということで似ているのです。しかし細かく見ると違っているところもたくさんあります。そこを詳しくやっていこうかと思います。

    • リオナとピートルの比較表
    • リオナの特徴
    • ピートルの特徴
    • リオナとピートルの違いや特徴のまとめや主観

    上記の流れで記事にしました。

    リオナピートルの比較表

    まず簡単にリオナとピートルの違いや特徴がわかる表を下記に貼ります。

     

    リオナピートル
    発売日2014年5月チュアブル2015年11月、顆粒2018年11月
    剤形チュアブル、顆粒
    規格250mgチュアブル、顆粒ともに250mg、500mgがある
    有効成分クエン酸第二鉄スクロオキシ水酸化鉄
    適応慢性腎臓病患者における高リン血症の改善透析中の慢性腎臓病患者における高リン血症の改善
    用法1日3回食直後1日3回食直前
    開始用量1回500mg1回250mg
    最高用量1日6000mg1日3000mg
    副作用副作用は25.5%に認められた。主なものは下痢10.1%、便秘3.2%、腹部不快感2.5%、血清フェリチン増加2.7%副作用は32.2%に認められた。主なものは下痢22.7%、便秘2%以上
    一包化可否できるできない
    リン吸着能ピートル250mgとリオナ500mgがほぼ同等
    指導の注意点黒色便について心配ないと指導する黒色便について心配ないと指導。チュアブルは歯の着色もあるが歯磨きで取れる。チュアブルは噛み砕きが必要

     

     

    こんな感じです。ざっと特徴は掴むことができたのではないでしょうか?

    次は各薬剤についてです。

    スポンサーリンク

    リオナの特徴

    上の図の赤枠は本来はないので注意

    開発の経緯

    • 昔からクエン酸第二鉄水和物はリン酸と結合することが知られていたという所に着目
    • 第二鉄は消化管から吸収されにくいというよい特性
    • 食品添加物に使用されるクエン酸第二鉄と異なる製造法を用いることによって、比表面積を大きくして溶解速度を速めたといった工夫

    名称の由来

    ンを()治す(おす)→リオナ

    一包化

    メーカーは推奨していないが1ヶ月程度なら安定性や硬度ともに問題ないと思われる。湿気に注意。

    すずめ
    すずめ
    ぜひぜひ鳥居製薬さんにはリオナのバラ錠をなんとか作って欲しいです。普通に9錠分3とか、12錠分3とか出てばらすの困っています。

    用法の解説

    食事由来のリン酸と消化管内で結合して難溶性の沈殿を形成することでリンの吸収を抑制する。その結果血清リン濃度低下を示す。そのため毎食直後が最大薬効が発揮されるとのことで食直後投与となる。

    実薬対照比較試験

    ざっくりと

    リオナ平均処方量2691mg/日とセベラマー(フォスブロック、レナジェル)の平均処方量4595mg/日でリオナ投与群のセベラマー投与群に対する非劣勢が検証された。

     

    ピートルの特徴

    チュアブル

    顆粒

    開発の経緯

    • 既存の鉄化合物はリン吸着能が低かったり、消化管吸収されてしまったり、吸着能が低下していくなど問題があったため開発
    • スクロオキシ水酸化鉄は多核性の酸化水酸化鉄(Ⅲ)と炭水化物(スクロース及びデンプン)からなる構造にすることで安定性や高いリン吸着能の維持が可能となった。

    製剤学特性

    水なしでも服用できるドーナツ型のチュアブル錠とかまずに服用できるマイクロタブレット型の顆粒剤がある。

    チュアブル錠は歯が着色することがあるが歯磨きで落ちます。

    すずめ
    すずめ
    ピートルチュアブルはチュアブル錠なので噛み砕いて服用。しかしピートルチュアブルはホスレノールチュアブルと違って、たとえ噛まずに飲んでしまったとしても溶けるようになっているみたいです。
    すずめ
    すずめ
    ピートル顆粒は先に口に水を少量含んでから顆粒を口に入れて飲み込むほうが飲みやすいみたいです。

    名称の由来

    P(リン)を「とる」でピートル

    比較試験

    ざっくりと

    ピートル最終評価時投与量1403mg/日、セベラマー(フォスブロック、レナジェル)4671mg/日でピートルの非劣勢が検証された。

    リオナとピートルの違いや特徴のまとめや主観

    • リオナは食直後。鉄がピートルより遊離しやすいので血清フェリチンがピートルより増加しやすい。
    • ピートルは食直前。鉄がリオナより遊離しにくいので血清フェリチン濃度には影響を与えにくい。下痢がリオナより起こりやすいので注意。
    • ピートルチュアブルは噛み砕いてから服用。歯の着色に対しては歯を磨く。
    • ピートル顆粒は先に口に水を含んでから薬を口に入れて流し込むほうが飲みやすい。

     

    すずめ
    すずめ
    キッセイのMRになぜピートルは食直前なのですか?と聞いたことがあります。回答が本来ならば食直前のほうがリン吸着能は上がるはずです。しかしリオナなどは鉄を遊離しやすいので空腹時だと鉄の吸収が上がってしまうため食直後にしているのではないかとのこと。
    すずめ
    すずめ
    透析患者は貧血になりやすいです。なので貧血気味の患者はピートルからリオナに切り替えたり。逆に貧血が改善された患者はリオナからピートルに切り替えたりなども現場ではあります。

    透析患者のリンの薬の特徴についての記事はこちら

    透析患者のリンの薬の特徴について透析門前の薬局薬剤師が透析患者が使うリン吸着剤を簡単にわかりやすくまとめてみました。...

    透析の薬ってなんだろう、どんな種類があるのだろう【用量の調べ方なども】についての記事はこちら

    透析に使う薬の種類や用量をまとめたよ!透析患者に処方される薬の解説です。また透析患者への投与量の調べ方なども載せてあります!透析患者がお薬手帳を忘れた際などはこういった薬を飲んでいる可能性があるのか。とういうことがわかるかと思います!...

    薬の勉強におすすめの本の紹介を少しだけ!

    レシピプラスは1つの題材をとにかく深く!深く!1冊でかなり詳しくなれます。

    レシピプラス

    薬剤師の苦手克服、得意を更に伸ばすレシピプラスの記事へ

    レシピプラスアイキャッチ
    レシピプラスのレビュー!ありのまま話すよ!【薬剤師向けのおすすめ勉強本】薬剤師向けの本であるレシピプラスの事を知りたいですか?本記事ではレシピプラス所持者がメリット、デメリット、内容などをわかりやすくまとめています。スキルアップを考えている薬剤師は必見です。...

    日経DIプレミアム版は有名ですよね!

    薬剤師のスキルを上げるためにも購読をおすすめします。

    日経DIプレミアム版

    日経DIプレミアム
    日経DIプレミアムのレビューや評判書くよ!【薬剤師の勉強におすすめ】日経DIプレミアムについて知りたいですか?本記事では実際にプレミアム版を購読している薬剤師が概要や感想を記事にしています。スキルアップのために日経DIプレミアムを考えている方は必見です。...

     

    最新の医療ニュースをチェックできるm3のご登録は下記から。無料なんです。

    m3.com薬剤師会員登録

    エムスリー
    m3.comのニュースは有用だよ!医療関係者なら読もう!無料だよ!【薬剤師の勉強】医療関係者向けの勉強法が知りたいですか?本記事では医療関係者向けの最新のニュースやコラムを発信するm3.comのニュースについてまとめています。勉強したい医療関係者は必見です。...
    こちらの記事もおすすめ!