病態、薬

ピロリ菌の3次除菌やペニシリンアレルギーのピロリ菌除菌について

どうもすずめです!

今回はピロリ菌の除菌について調べてみました。

 

先日少し特殊なピロリ除菌の処方が来ましてその時に

 

  • 3次除菌の処方ってなんだっけ?
  • ペニシリンアレルギーが有る人の処方ってどんなんだっけ?
  • 保険ってどうなってるんだっけ?

などなど疑問に思ったので記事にまとめてみました。

 

1次除菌と2次除菌はもうありふれているので省きます。(今はボノサップ、ボンピオンばかりですよね)

 

ピロリ菌の3次除菌について

正直1次、2次みたいに

これだ!!という処方はないようです。医療機関によって少し内容が違うようです。

 

除菌率などもよく主力だと思われる処方(北里研究所病院や日本消化器病学会HP記載の処方)

 

  • タケキャブ(20) 2T2×
  • パセトシン(250) 6T2×
  • グレースビット(50)4T2×
  • 7日分

 

試験を行った中で最も高い除菌率が上記の処方ですが、しかしそれでもITTで70%と除菌率としては十分ではないみたいです。

 

スポンサーリンク

ペニシリン系アレルギーの患者へのピロリ除菌の処方

これも医療機関によって処方が様々です。

 

  • タケキャブ(20) 2T2×
  • フラジール(250) 2T2×
  • グレースビット(50) 4T2×
  • 7日分

 

 

  • タケキャブ(20) 2T2×
  • フラジール(250) 2T2×
  • クラリス(200) 2T2×
  • 7日分

 

 

  • タケキャブ(20) 2T2×
  • フラジール(250)2T2×
  • ミノマイシン(100) 2C2×
  • 7日分

 

などあるようです。主力は1番最初の処方のようです。

 

ピロリ菌除菌の保険適応について

3次除菌やペニシリンアレルギーのためのピロリ除菌は自費となります。

処方にもよりますが1万円近くはするようです。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です