転職

    薬剤師が転職する時に知っておくべきこと!【おすすめの転職サイトも紹介】

    転職

    どうもすずめです!

    今回は薬剤師の転職の記事です。

     

    薬剤師の転職って大変ですよね?

    環境変わりますし、転職するのには勇気が必要です。

    今回はそんな薬剤師の転職をうまくやるための記事です。

    すずめ
    すずめ
    今現在薬剤師転職サイトを使っている私です!転職を考えています!

    薬剤師の転職に失敗しないためにはどうするか

    転職の理由を明らかにする

    これは絶対に必要ですね。

    転職する理由、原因がはっきりしなければ、転職先でもまた失敗してしまいます。

     

    今の職場の不満だったりを洗い出すことが大切です。

    私の場合は

    人員不足→アクシデントが続く。しかしそれでも人員は減り続ける。

    倫理の問題→ちょっとここにはかけないようなことですね。すべて社長から直々の命令です。信じられないです。

    そういったことが嫌でした。それで転職をしたいなと思っていました。

    スポンサーリンク

    薬剤師がなかなか転職行動できない理由とは

    今の会社にもよいところがあるから

    「転職したいな。」

    と思ってもなかなか行動できませんでした。

    おそらく私みたいな人が多いのではないのでしょうか。

     

    理由は今いる会社の強みが何かしらあるからです。

    今の会社のいい所がなければ悩みません。すぐに転職します。

    しかし大抵の会社はひとつくらいはいい所があるのではないでしょうか?

     

    そのいい所と嫌な所を天秤にかけてゆらゆら動いている状態です。悩んでいる状態です。

    転職するか決めかねている。それでなかなか転職行動ができない人が多いのです。

     

    すずめ
    すずめ

    私の場合は今の会社の給料がよいです。これが一番転職を悩んでいる原因です。

    給料ってとても大切ですよね?結局は皆お金のために働いているのですもの。

    私の場合はそれでいて子ども4人目が生まれたのでなおさらお金が必要です。

    そのため会社の嫌な面が強くても、給料が高かったため転職には踏み切れていませんでした。

    しかし今は嫌な気持ちが勝り天秤が完全に傾きました。転職を決意しました。

     

    薬剤師にとってのよい転職先の条件とは

    今の不満を解消できる転職先

    今の職場を退職する原因となった要素を重視すべきです。

    私の場合は先程も話しましたが下記になります。

    • 倫理的であるというところ
    • 人員の無理がない所

     

    また家族とも転職にあたりいろいろ相談しました。

    そうすると他の条件も見えてきました。

     

    家族が増えたことによる家庭環境の変化です。

    すなわち休日や通勤時間を重視することになりました。全ては家族の時間を多く取るためです。

    転職活動は一人の問題でないので家族で話し合うことがベストです。

    自分ひとりの求めるものだけではなく、家族が求める条件というのもあるからです。

    転職には家族の協力が必須です。

    薬剤師の転職の方法とは

    転職サイトを利用する

    ネットで企業を調べて応募フォームから応募するのもいいですが、

    私は転職サイトを利用することをおすすめします。

     

    以前の転職でも利用したことがありますが、個人では不可能な条件なども会社側と交渉してくれるので非常に有益です。

     

    繰り返しますが、転職サイトの人は会社と個人の間に入っていろいろ交渉してくれます。

    こちらの要望を伝えるとそれにあった会社を探してくれる。また、こちらの要望を会社側に伝えてくれる。

    これはとても大きいことです。個人でやるには厳しいことが多々あります。

     

    例えば年収の交渉などですね。

    こちらから〇〇万欲しいなどを会社に伝えるのは言いにくいですよね?

    しかし転職サイトの人はそういう交渉をしてくれます。とってもありがたいです。

     

    有利な条件を得るためにも転職サイトの利用をおすすめします。

    何十年と勤務するかもしれない会社選び。条件は有利であったほうが絶対によいです。

    すずめ
    すずめ
    管理薬剤師を経験してたほうが高待遇を受けやすいです。管理薬剤師ってどんなことやるの?などの疑問は「初めての管理薬剤師で大変だったこと!」の記事へ

     

    薬剤師の転職サイトってどんなのがあるの

    薬剤師転職で言えば下記などですね。

    マイナビ薬剤師

    薬キャリ

    リクナビ薬剤師

    私は前回の転職の時にこの3つのサイトに登録しました。すべて大手なので安心感があります。

    転職サイトは1つではなくて複数登録したほうがいいです。交渉してくれる人が多いほど自分の要望にあった会社を見つけやすくなるからです。しかもどの転職サイトも無料で利用できるので複数使わない手はないかと思います。

     

    基本的にどの会社も電話で条件などを聞いてきます。そして条件にあった求人をたくさんメールで紹介してくれるという形です。

    その後気になった会社があれば、その会社について詳しく電話で話していくといった流れです。

     

    初回の電話で条件を伝える時に相手はかなり丁寧に聞き取ってくれます。なので時間がかかるので注意が必要です。時間に余裕がある日時を指定しましょう。

     

    せっかく転職サイトを利用しているのです。自分の要望ははっきりいいましょう。

    そもそも転職活動中に個人が会社に要望は伝えにくいですよね?

    その間に入って要望を伝えてくれるのが転職サイトの人です。

    なので遠慮してしまったら意味がないのです。遠慮してしまうのだったら直接会社の応募フォームで応募でいいのです。

    個人では会社に要望を伝えにくいので、転職サイトの人に要望を伝えて交渉してもらうのです。そういった流れなので遠慮はしないほうが良いです。

     

    また要望を曖昧に言うと探す方も探しにくいです。

    ですので優先順位をつけて要望をしっかり伝えるべきです。

     

    正直はっきりと自分の条件を言うのは言いにくいです。そんな会社ない。と思われてしまうかもしれません。

    でもこれはビジネスです。相手も給料をもらっているので無理難題もある程度しっかり頑張ってくれます。なので使い倒すくらいの気持ちでやったほうがいい職場が見つかります。

    転職は大きいことなので要望ははしっかり伝えたほうがいいです。

    すずめ
    すずめ
    薬剤師になってからも定期的に勉強をしましょう!認定薬剤師を取れれば需要も増えているし転職にプラスになりますね。

    勉強方法の詳しい記事は「薬剤師になってからのおすすめの勉強法とは!」へ

    薬剤師が転職する時に知っておくべきこと!【おすすめの転職サイトも紹介】のまとめ

    • 今の職場を辞めたくなった原因をまずピックアップする。(次の職場で同じ失敗を繰り返さないため)
    • 今いる職場の強みも考えて、辞めたくなった原因と職場の強みのどちらが優勢かを考えて転職するかを見極める。
    • 転職時は転職サイトに複数登録して、条件を遠慮せずに言う。(前の職場を辞めたくなった要因を重視する。)
    すずめ
    すずめ
    転職サイトに登録は無料なので、転職するかどうか悩んでいるという時点で登録もありです!登録するだけでも心は落ち着きます!

    マイナビ薬剤師

    薬キャリ

    リクナビ薬剤師