痔の手術を悩んでいる方に【10年前に手術した私が語ります】

    切れ痔その後

    どうもすずめです!

    昔は切れ痔に悩んでいました。今は手術して快適です。

    すずめ
    すずめ
    切れ痔の手術ってどういうのだろうか?切れ痔の痛みは辛いけれど、手術の恐怖がある。。術後の様子など知りたいな。術後の再発ってないのかな?手術して後悔とかしないかな?

    上記の悩みについて回答します。

     

    この記事を書いている私は約10年前に切れ痔の手術(SSG法)をした経験者です。

    また、術後10年近く経っているので術後の再発や問題点についても経験者の目線から語れると思います。

    切れ痔の手術の様子

    手術様子

    手術を考える人は下記の3点を知りたいと思うのでまとめます。

    • 手術の前の様子
    • 手術当日の様子
    • 術後の様子

    手術前の様子

    排便時の痛みが尋常じゃないのと、便の細さがひどかったです。鉛筆くらいの太さがいっぱいっぱいでした。

    理由としては慢性の切れ痔になると肛門が狭くなってしまうからです。

    切れ痔→治る→切れ痔の繰り返し。そうすると肛門が緊張して肛門が狭くなる。だから出る便が細くなる。太い便だとすぐ切れる

    また、そんな状態なので一度で出し切るのは不可能。でも中途半端だとまたトイレに行かなければいけない。でも痛い。普通に5-6時間は脂汗だらだらの痛みが続きました。人生で一番痛い体験でした。

    手術当日の様子

    腰椎麻酔でSSG法という術式でやりました。

    別の術式もあるのですが、先生の判断でSSG法になりました。

    SSG法の方が手術は複雑ですが、再発は起こりにくいというメリットがあります。

    手術当日の様子は別記事にありますので下記リンクからどうぞ

    切れ痔の手術したよ。体験談語るよ!切れ痔の手術の様子が知りたいですか? 本記事では手術を受けた私が切れ痔の手術の種類(LSIS、SSG)や当日の様子、術後の様子などを記事にしました。 切れ痔を悩んで手術を考えている方はぜひ読んでみてください。...

    術後の様子

    痛みはないが恐怖があった。

    術後の排便がすごく怖かったです。また切れるのではないか、痛みが出るのではないかと。。。

    しかし杞憂でした。痛みは多少ありましたが、切れ痔の痛みとはなんか違う、変な痛みでした。でもほぼ気にならない程度の痛みでした。

    しかし出血はあります。でも出血はみんなあるみたいでしょうがないみたいです。

    また病院もしっかり排便をしてもらいたいらしく、食事の量がとても多かったです。大盛りって感じでしたね。

    排便の度に恐怖はありましたが、以前感じていた地獄の痛みはありません。気になるのは出血だけです。

    この出血ですが結構長いあいだ続きます。退院自体は8日くらいでできたのですが、その後も出血や術後の膿が1ヶ月とか続いていましたね。だから生理用ナプキンをずっとつけていました。

     

    スポンサーリンク

    術後の再発や痛みなどの問題点について

    聴診器

    術後10年近く経ちました。

    そんな私が今までを振り返って、術後の様子を書きます。

    下記の4点でまとめました。

    • 再発の心配はない
    • そもそも痔に対する意識が違う
    • 術後は全く問題ないのか
    • 手術してよかったかどうか

    再発は心配ない

    術後10年経ちますが再発はありません。

    肛門の太さが改善された&毎回切れていた部分の皮膚が新しくなったからです。

    SSG法の手術のおかげですね。今は切れ痔に地獄の痛みに全く悩んでいません。

    もちろん10年間1度も切れていないというわけではありません。しかし切れても数時間後には忘れていたり、寝たら治ったという感じですね。

    おそらく健常人レベルになったのかなという感じですね。ずっと痛みが続くとかはありません。

    そもそも痔に対する意識が違う

    切れ痔の痛みを知っているから、再発しないように注意しています。

    もう二度とあの痛みは味わいたくないからですね。

     

    具体例でいうと携帯ウォシュレットを買いました。

    私の場合、切れ痔が悪化したのが大学生の頃です。大学の頃住んでいたアパートにはウォシュレットはついていませんでした。そのため完全に清潔にすることができずに切れ痔が悪化しました。

    切れ痔の予防のためにもお尻の清潔は絶対です。紙だけではだめです。ウォシュレットも使ってしっかり清潔にすることが必要です。

    そのため携帯ウォシュレットを買ってどこ行くにも持ち運ぶようにしました。

     

    あと、気をつけたのはトイレに長居をしない。要するにスマホや本などを持ち込まないとうことですね。5分以内にトイレから出るというルールを作りました。

    ずっと便座に座っているのは肛門に負担を掛けるのでよくないからです。

    この2つを徹底していたので再発はなかったです。

     

    ちなみに今はお酒とちょくちょく暴飲暴食をしてしまっています。。。お尻に良くないことはわかっていますがついついやってしまいます。。

     

    しかしそれでも再発はないです。

    手術のおかげとウォシュレットのおかげですね。

    術後は全く問題ないのか

    では全く問題はないのか?

    そう聞かれるとそんなことはないです。。。

    おならが増えた&少しお尻がゆるくなった気がします。。

    おならが1日10回以上出ます。術前正直1日何回おならしていたかなんて数えてはいませんが、体感で露骨に増えた気がします。

    あとはお尻が少しゆるくなりました。おならの時とかかなり気をつけています。。

    手術してよかったかどうか

    手術をしてとてもよかったです。

    理由は人生で1番の痛みから開放されたからです。

    術前は本当に痛くていたくて辛かったです。あの痛みが続くなんて想像できません。あの痛みから開放されただけで手術をした価値があります。

    おならが増えたなどのデメリットはありますが、それでも人生最大の痛みから開放されたメリットのほうがはるかに上回ります。

    痔の手術を悩んでいる方に【10年前に手術した私が語ります】のまとめ

    • 切れ痔の手術を悩むくらい痛みがあるのならばやったほうがいい。切れ痔の痛みは尋常じゃないため。
    • 術後は生理用ナプキンをつけたり膿が1ヶ月近く続いたりなど大変なことがある。しかし痛みからは開放されている。
    • 手術して治ってしまえばSSG法なら再発は少ない。私は術後10年経つが再発はない。再発予防に肛門の清潔は必須
    • 術後のデメリットは人によって違うと思うが、私はおならが増えたのとお尻がゆるくなったのがあった。
    すずめ
    すずめ
    手術や入院のまとめ記事を作りました。詳しくは「手術・入院の体験談をまとめてみた!」へ