レビュー・体験談

【扁桃腺の手術】術前検査①

術前検査1

どうもすずめです!

今度手術で扁桃腺をとります。

そのために術前検査に行ってきました。

  • 扁桃炎に悩んでいて手術を考えている人。
  • 実際に手術が決まった人

そんな人向けに書いています。

 

診察

 

今の状態を問診

医師の診察です。現在の状態などを聞かれました。

私はたまたま診察時に扁桃炎になっていたので喉をしっかり診てもらいました。左と右の扁桃腺がどちらも化膿していました。。。

扁桃腺にかかっているということで医師が悩む。血液検査をやっても炎症やら白血球が高くなるとのこと。

結局、今回の血液検査はB型肝炎やらC型肝炎に感染していないかだからやろうとなりました。

そして次回にもまた血液検査をやるということになりました。おそらくそちらで白血球や炎症の値を見ると思います。

次回の内容の説明

扁桃腺の手術の前に2回検査があると言われています。

その1回目が今回です。採血や採尿など色々な検査をやります。

そして2回目の検査は麻酔の説明とかかな?麻酔科と日程合わせると言われました。

しかしお盆を挟むのでなかなか予定がつかず。

手術の日の4日前にやるということになりました。

結構きつきつなスケジュール。。。

手術の説明

本当は次回に手術の説明をするとのことでしたが、次回が手術の4日前ということもあって急遽今日も軽く説明をしてくれました。

  • 左と右の扁桃腺をとる。扁桃腺も臓器だから血管が豊富。出血しないように焼きながら切っていく。
  • 術後は舌がしびれたり、口内炎になったり、痛みがあったり、発熱があったりする。
  • 術後の痛みは人それぞれ。ひどい人は扁桃炎くらい痛くなる人もいるそうだ。
  • 発熱は軽度。行っても38度とのことで扁桃炎よりは軽いとのこと。
  • 7-10日程度入院。
  • 術後3週間位までは重いものを持ったり運動はだめ。硬い食事もだめ。
  • 術後の出血が怖い。焼いたところはかさぶたになっている。それがはがれると出血。
  • 少しはがれての出血なら氷水を口に含めば血管が収縮して出血が止まる。
  • たくさんはがれて大出血なら全身麻酔下で止血するとのこと。
  • 詳しくは次回説明するとのこと。

 

スポンサーリンク

検査内容

採尿

普通の尿検査。一瞬で終わります。

しっかり水分をとって尿が出るようにしましょう。

体調不良だった私は頻尿になっていて助かったが、診察前にトイレ行ってしまうと採尿の時に苦労するかも。

なるべく診察前のトイレは我慢しておくと吉ですね。

採血

死ぬほど嫌い。辛い。でも採血自体は普通のやつです。

たくさん水分をとって血管をわかりやすくしておきましょう。

あと体調を整えておきましょう。

私みたいに扁桃炎で採血をすると、採血が苦手ということもあって倒れそうになります。貧血ですね。。。

心電図検査

あまり受けたことのない検査。

そりゃそうだよね。普段は心電図検査なんてしないもんね。風邪とかでやらんしね。

内容としては寝ているだけ。

寝ていると足やら胸やらに器具をつけられる。それですぐに終わり。

ちょっとひんやりするくらいで一切苦痛はない検査です。

肺機能検査

初めて受けた検査。意外と疲れる。

息を思い切り吸ったり、吐いたりするからです。

でも苦痛はないですね。ただ疲れるだけ。

でも検査中はなんか変な感覚でした。

みんな人生で無意味に

思いっきり息吸って、吐いたりしたことありますよね。肺活量どれくらいだろうなー的なね

でもそれを器具を加えてやるとなんか違和感だらけになるw

ちゃんとできているのだかわかんなくなってくるというか。。。

まぁそんな感じです。苦痛自体はまったくないので楽です。

すずめ
すずめ
私は扁桃炎でのどが痛かったのでまぁ辛い部分はありましたけれどね・・・

 

胸部レントゲン

普通のレントゲンです。

正面から胸のレントゲンを1枚、横から1枚で終了です。

特に感想もなく終了。

 

終わり!!

次回の診察終わったらまた記事書きます!

そして手術終わったら手術のことも書きます!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です