お金

奨学金の返済の現実。辛いし大変です。本当に地獄です・・・

こんにちは、すずめです。

今日は奨学金についてです。

奨学金の返済ってとっても大変ですよね?少なくとも私はすごく大変です。それなので実際に奨学金を返済している私の状況や現実をあなたに知ってもらいたくて書きました。

 

奨学金とは

学業に関して金銭的に厳しいときに借りるお金です。それを学費などに当てることによって学業を継続することができます。でも要するに借金のことです。

すずめ
すずめ
高校生の頃は借金という認識がありませんでした。国がやることなのでどうにかなるだろうと甘い考えしか持っていませんでした。

スポンサーリンク

1種、2種の奨学金をフルに借りた私の場合

私は大学に行くときに1種、2種フルに借りて私立薬学部に行きました。おそらく卒業時の返済予定総額は1400万円くらいでした。

高校生の頃は奨学金のことを深く考えていませんでした。

奨学金っていうくらいだしどうにかなるだろう

みんな借りているしどうにかなるだろう

ってくらい簡単に考えていました。

 

でも、返済ってめちゃめちゃ大変です。

 

まず奨学金=学生ローンです。普通の借金と変わりません。優遇とかないです。

そういうことすら高校生の頃は知りませんでした。自己責任といえばそれまでですがもっと真剣に奨学金がどういうものか調べればよかったと思います。

もちろん奨学金がなかったら

大学に行けなかったのでその部分は感謝していますけれどね。

奨学金の返済の問題点

私が問題点として感じている点は

返している身としては控除の対象になってほしいなと

例えば子供を保育園に預けるのであれば保育料は年収で決まります。

  • 年収500万で奨学金の返済が年50万円ある
  • 年収450万円

 

上記の2つは同じではありません。

上の方が年収が高いので保育料が高い。累進課税なので税金も高い。だから上の方が実際に使えるお金は少なくなるのですよね。

 

このことを高校生の時には知りませんでした。

これから奨学金を借りようとしている人はよく調べて考えてから借りてくださいね!

 

それと日本はお金について学ぶ機会がないですよね。

学校で授業などもないし。こういったお金についての知識は必須なのでしっかり学ぶ機会がほしいですよね。しかし、それで都合が悪くなる人がいるからできないのでしょうけれど。

自分でそのことに気づいて勉強していれば、奨学金ともっとうまく付き合えたかもしれません。

高校生の方こそお金の勉強をしてください。少なくとも奨学金を借りる前に少しはお金の勉強をしてみてください。

以下におすすめの本のリンクを貼っておきます。お金についての世界的な教科書的な本です。

奨学金の返済について

返済の金利についていですが確か

  • 固定金利
  • 変動金利

の2つがあったと思います。

私は固定金利にしました。ぶっちゃけほとんど考えないで選びました。

今は金利が安いので変動金利のほうが返済額は減ります。しかしこれがいいかはまた別問題です。

というのも

  • 固定金利はずっと同じ金利=普通に返していて問題ない
  • 変動金利は金利が変動する=今は安くても将来どうなるかわからない=安いうちに繰り上げて返済をする。

です。

固定金利はいいとして

変動金利を選ぶ人はおそらく卒業時に金利が低いから選択するのだと思います。しかし将来的にはあがるかもしれません。そのリスクをはらんでいます。

ではどうするか、変動金利の人は金利が安いうちに奨学金を返し切ることです。言い換えれば繰り上げ返済をガンガンして金利が上る前に返し切るということです。

 

こういった事も考えて返済方法を選んでください。

奨学金の返済の現実。辛いし大変です。本当に地獄です・・・のまとめ

  • 奨学金はただの借金。それを自覚するべし。
  • 奨学金には控除がないのですごく社会人になってからが辛い。
  • 返済時の固定金利か変動金利かはしっかり選ぶ。変動金利の場合は金利が安い時に繰り上げてガンガン返す
  • 奨学金を借りる前にしっかりお金の勉強をしてから借りる