書籍

社会人こそ絶対に本を読むべき!知識を蓄えて機会損失を避けよう【社会人におすすめの本も紹介】 

読書おすすめ

どうもすずめです!

今日は読書についての記事です。

私もここ半年くらいで始めた読書ですが、正直言ってやりはじめてよかったと思います。

私も含めて今の社会人って本を読む人が減っていますよね。これはとても残念なことだと思います。本はとっても有益な情報が詰まっていて自分の成長を助けてくれるからです。

すずめ
すずめ
私はむしろ最初は読書が嫌いでした。なぜならば学生時代に教科書をすごく読んでいました。それで文字アレルギーと言うか社会人になってまでも活字を読みたくないと思っていたからです。

しかしそれは機会損失だったと最近気づきました。

 

今回は以下の流れで記事にしました。

  • 社会人は本を読まなくなった理由
  • 本を読むメリット
  • 本とネットの比較
  • 図書館を利用しよう
  • おすすめの本

 

社会人が本を読まなくなった理由

本を現代人は読まなくなったと言われてます。実際周りでも読書が趣味という人を見たことがありません。

スマホが普及してゲームをしたり、SNSをしたり気軽に楽しめるツールが発達したためだと思います。

また他にも何かあればネットで情報を探せると言ったことも原因のひとつかと思います。ネットは情報も早く無料で気軽に調べることができますよね。その結果新聞を読む人も減っています。

これはすごく機会損失だと思います。もちろんネットは素晴らしく生活にはなくてならないものです、しかし本には本のメリットがあるのです。この辺を使い分けることが大切です。

スポンサーリンク

本を読むメリット

書籍並べたもの

知識が得られる

本には自分が知らない知識が豊富に詰まっています。

日々、日常や科学、自分が置かれている環境は変化しています。その変化に対応するためにも本を読むことをおすすめします。

知識や引き出しが多ければ多いほど変化にも対応ができます。

 

私はメインでお金の本や自己啓発の本を読んでいます。とても興味深いです。

お金の話は学校では学んできませんし、自己啓発についても学んできません。

ですので自ら本で勉強しようとしないとこの系統の知識は得られません。お金についての正しい知識がないと今後の日本は生き抜いていけないと思っているので私は勉強しています。

偉人の考え方に触れることができる

これは読書をするようになってから気づきました。

例えば私は当然スティーブ・ジョブズに会ったこともないし話したこともありません。

しかし、著書を通してスティーブ・ジョブズの考え方にふれることができます。

これはすごいことではないですか?

普段は会えないような、話せないような、考え方を知ることすら不可能なほど雲の上にいる偉人。そんな方々の考え方をお金を2000円位出して本を買うだけで触れることができるのです。これはすごいことだと思います。

 

人はみな自分は優れていると思い込む傾向があります。

挑発的な言い方にはなりますが、あなたはスティーブ・ジョブズよりすごい人ですか?自信を持って「はい!」と答えられる人はいないと思います。

要するに自分よりはるか上の人の考え方に触れることができるので本はすごいと思います。どんどん偉人の考え方などを吸収すると自分自身の価値観などの変化が起こると思います。

その変化は今後の生活で必ず役に立つものだと思います。

本とネットの比較

現代では調べごとなどがあるとネットで簡単に検索できます。私もよく利用します。だから本は不要なのではないかという意見もあるかもしれません。

しかし本には本にしかない利点があります。

本のほうが優れている点

ネットは本と違ってほしい情報が散らばっている。必要な情報を探すのに時間の効率が悪いです。逆に言うと本は体系的にまとまっているので時間の効率がよいです。

信頼性の問題もあります。基本的には本のほうが信頼性が高いです。ネットで匿名で書かれるものよりも、本で著者がしっかりしている方が信頼性があります。

ネットを正しく使うには本当と嘘の記事の見分け方を養う力も必要です。

ちょうどAmazonも「自閉症は漂白剤でよくなる」などの嘘の本の排除に動いてきていますし、今後も本の信頼性は上がるかと思います。

ネットのほうが優れている点

ネットのほうが情報が新しいものが手に入りやすいです。もちろんネット記事の更新日時には注意が必要です。本はそんなに頻繁には改定はないので、情報が古くなり、現代にはあっていない可能性があります。

手軽に使えるというのも大きなメリットです。パソコン前でキーボードを叩くだけで簡単に、手軽に、無料で情報が手に入ります。これはとても大きなことです。

 

 

ネットも本もそれぞれの良さがあるので場面場面で使い分けていくのが最強かと思います。

図書館を利用しよう

「本を読む」というと普通書店に行って、数ページ読んでよかったら購入しますよね。あるいは今だったらAmazonで購入したりですよね。

そうすると読書をしない人が行動するにはちょっとハードルが高いですよね。ちゃんと一冊読めるかどうかわからないのに2000円も出して本を買うのか。などですよね。買っちゃって読めなかったらそれはそれで気分が落ちますしね。余計な出費をしたなど思っちゃいますしね。

ですので図書館をおすすめします。

町の図書館にはたくさん本があります。私もいつも町の図書館で借りています。

私が自腹で買う本は下記になります。

  • 図書館にないがどうしても読みたい本
  • 図書館にあるが常に手元においておきたい本
  • 図書館にあるが古くて最新版ではない

逆に言うとここに該当しない大半の本は図書館で読むだけで終わりにしています。これが一番コスパ的に良いものだと思います。無料で利用できるものは利用しましょう。

おすすめの本

私はお金面の本と自己啓発本をよく読んでいます。どちらも学校では教えてくれないものですが、人生においてとても大切だと考えているからです。

お金面

 

どちらも目からウロコの本です。

私が副業を始めるきっかけになった本たちです。

お金についての考え方を教えてくれます。あなたの知らないお金の常識、お金が増える考え方が学べます。とてもおすすめです。

 

自己啓発面

自己啓発の原点ですね。読めばみな納得のことばかり書いています。歴史上の実例を交えて書いてあるのでとてもわかり易いです。

 

社会人こそ絶対に本を読むべき!圧倒的機会損失を避けるための読書とは【社会人におすすめの本も紹介】 のまとめ

  • 社会人こそ本を読もう。知識は自分を助ける。学校で学ばない知識を本で手に入れよう
  • ネットで検索して知識を手に入れるのも良いが、体系的にまとまっている本の時間効率はとてもよい。
  • 本が古くなると、今の常識と違う点があるから注意
  • 最初の一歩が踏み出せないのであれば無料の図書館を利用するのがおすすめ