育児

子どもが生まれて変わったこと!【私の体験談】

どうもすずめです。

今回は子どもが生まれて変わったことを色々と書きたいと思います。主に私目線。要するにパパ目線となります。

理由は私自身子どもが生まれて色々変わったからですね。子どもが現在3人いるし、もうすぐ4人目が生まれるし色々考え直してみるのにいい機会かと思い書きました!

子どもをこれから考えていたりする夫婦、パパの気持ちが今ひとつよくわからない奥さんなどに読んでいただけたらなという記事となっていますヽ(´ー`)ノ

 

子どもが生まれてからの私の変化

パパになったという自覚

これは大きなものですね。出産が終わり我が子を見た時に強く思います。

結構批判はありますが夫は子どもが生まれた時にパパになったと自覚します。女性の方からすると妊娠中からパパでしょ。と思うかも知れませんが今ひとつ妊娠中は実感がわかないんですよね。申し訳ないですが。

しかし生まれてきた赤ちゃんを見ると、親になったんだな。パパになったんだなと強く自覚します。私の場合は他にも色々な事を考えてしまいました。

数年前までは友達と遊び回ってきた私がパパか。実感わかないな。

とか

今まで好き勝手遊んできた私がパパか。やっぱり実感わかないな。

などですね。

赤ちゃんを見てパパになったという自覚はありますが、その反面いまひとつ実感がわかないという感情もありました。この矛盾がなんとも・・・ね。

そして子どもが生まれてから「私が今までやっていたことは子どもみたいなことだったんだな」と気づきました。好き勝手友だちと遊んでいたからですね。自由でなんの責任もない子どもみたいな気分でしたね今思えば。

しかし子どもが生まれたら色々な責任があります。

子どもを絶対に幸せにするという責任

夫婦にとっての宝物である子どもが誕生したのです。この子を育てて幸せにする義務と責任が生じました。

親が私を育ててくれたように私も子どもを育てて無事成人して、就職して、結婚して、孫を見たい。そこまで思うようになりました。そこまではなにがあってもがんばって育てようと思いました。

そして幸せになってほしいといつも願っています。

仕事を大黒柱としてがんばる。

子どもがいなければ最悪なにかあっても共働きでなんとかなると思っていました。しかし子どもが生まれると嫁は自由がきかなくなります。熱出したりしたら仕事いけなくなるので。

だから私ががんばると。お金を稼いで家族を養わなきゃいけないと決意することになりました。子どもに余計な心配をかけたくない。という思いですね。

 

しかし仕事だけでなく家族との時間もとても大切です。その辺のバランスをしっかり考えたほうがいいと最近考えるようになりました。

友達と遊ぶ時間が激減した

平日は仕事。休日は家族と出かける。こういう生活になったので友達と遊ぶ時間は激減しました。

平日の夜も夜泣きやあとは節約のために外出は控えるようになりました。

最初は私も子育てのストレスがあって「友達と遊びたい」などと思う事も正直ありました。

しかし今は家族優先です。子どもといる時間が何よりも大切なので友達と遊ぶよりも家族でいます。今は友達と会うのは3ヶ月に1回くらいになりました。しかし私はそれをなんとも思いません。そういうものだと思っているし、なにより家族の時間が楽しくて幸せだからです。

子どものために週末は必ず出かけることにした

せっかくの休日なのにずっと家にいるのでは子どもがかわいそう。との理由です。

出費は増えますがその分幸せも増えます!なにも毎回遊園地だー水族館だーなどではなくて公園とかそういうものでもいいのです。

子供と一緒に公園で走ったりサッカーやったりととっても楽しいです!

家事の分担が増えた

当然ですよね。家族が増えたんだもの。そして嫁さんは赤ちゃんの面倒を見ることが多いのですもの。他の仕事はパパに回ってきます。洗い物や洗濯物、赤ちゃん抱っこしたり、荷物持ちやったり雑用ですね。

子どもいても暮らしやすくするための工夫を考えた

具体的には

  • ウォーターサーバー
  • COOP
  • 引っ越し

ですね。

ウォーターサーバーは子どもの粉ミルクに必須ですし

赤ちゃんが生まれて1ヶ月未満だと外に出せないのでCOOPで食材を頼んだり

子どもが増えるので大きいマンションに引っ越したりなどですね。

色々調べて契約を結んだりが必要です。ママは大変なのでパパの仕事ですね!

 

あわせて、私が使用しているコスモウォーターの記事もどうぞ!

ウォーターサーバーは本当に便利です(*^_^*)

コスモウォーターの使用感についてレビュー!【赤ちゃんの粉ミルク調乳に使える】コスモウォーターが赤ちゃんの粉ミルクを調乳に適しているから知りたいですか? 本記事ではコスモウォーターのメリット、デメリットを踏まえて、なぜコスモウォーターが調乳に適しているかをまとめています。 コスモウォーターを考えている人必見です。...

 

子どもを笑わせるために色々やる

子どもが笑っている姿を見るのが一番幸せです。子どもは笑顔がいちばんかわいいのです(*´▽`*)

そのため私は

変顔をやったり

子どもは大きな動きが好きなので

ゴリラのマネをしたり

ゴルフのスイングやバッティングの素振りを大げさにやるだけで笑ってくれます。

子どもが笑うためならいくらでもバカやります。

こんな感情は今までになかったです(*^_^*)やっぱり子どもが喜んでくれるのであればパパはなんでもできるのです!

ケンカすることが増えた

夫婦ゲンカは正直増えました。

育児は正直楽しいことばかりではありません。大変なことのほうが多いくらいです。だからストレスとかすれ違いとかでケンカもありますね。

でも最後はパパが折れるのが大切です!全国のパパ!潔く謝りましょう!!

他人の子にも興味を持つようになった

前々から子どもは好きでしたが最近はもっと好きになりました。子どもみんなかわいいです。他人の子もかわいいです。

きっと私の生活が子ども中心となったので興味が子どもにシフトしてきているのだと思います。その結果他人の子どももかわいいと思うようになりました。

保育園とかに行くとうちの子のクラスメイトの子とかみんな可愛いと思うようになりました(*^。^*)

一日保育士体験とかやるともうみんなかわいすぎます。今まではそんなこと思ったことなかったんですけど子どもをもつと「子どもかわいい!!」となります。

あとは薬局で薬渡した後とかですね。赤ちゃんがママに抱っこされていて、でも目線はずっとこっちを見てくるとかめっちゃかわいいです!

薬渡した後は私は赤ちゃんに向かって「バイバイ」といっていつも手を振っています!

子どもの虐待ニュースを見るのが辛い

これは本当に強く思います。今までも許せないニュースだと思っていましたが、自分に子どもがいると本当に信じられないニュースだと思います。なんでこんなにかわいい子どもたちを虐待するのだと思ってしまいます。

子どもに罪はない。子どもは親を選べない

本当にかわいそう。虐待が減る世の中になってくれる事を願っています。本当に心が痛い。

両親のことをすごいと思うようになった

自分の子供時代を思い出すとすっごく手がかかる子だったと思います。わがままばかりだし、好き勝手動くし、服は汚してくるしでもうひどかったと思います。

それをここまで育ててくれて感謝しているのと同時に親の偉大さを再認識します。

私は親みたくしっかり子育てできるか不安になることもあります。「不良にならないかな?」とか「グレないかな?」とかですね。

こういう不安を乗り越えて私を育ててくれた親には感謝しかないですね。

死にたくないと思うようになった

子供の笑顔をずっと見ていたい。子供の成長をずっと見ていたい。孫を見るまでは死ねない。

など死をすごく怖がるようになりました。

今まではなんとなく生きてきただけですが今は明確な生きる目標があるからです。

子供の成長を見て、孫を見るまでは死ねない。

そういう目標ができたのでそれまでは死ねない。だから病気とかをすごく怖がるようになりました。

 

まだ気が早いですが夢が2つできました。早く子どもが成人して一緒にお酒を飲みたいというのと孫が見たいということですね。

孫はとってもかわいいみたいですね。私の親も孫のことをすごくかわいがってくれています。私の親の表情を見るっと私も早く孫がほしいなと。さぞ幸せなんだろうなと思います。

スポンサーリンク

子どもが生まれて変わったこと!のまとめ

  • 子育てはすっごく大変だよ。自由なくなるよ。でも子どもはとっても大切で素敵な存在だよ!
  • パパっていう立場を強く意識するよ!家庭を守ろうという気持ちがすっごく強くなるよ!
  • 子どもの笑顔を守るためならなんだってできる!!ってくらいの気持ちがうまれるよ!
  • 要するに子どもはいいものだよ(*´ω`*)

 

以上!

こちらの記事もおすすめ!